【追記】初心者が選ぶべき在宅ライター案件とは?

以前、内職の話をした時に、在宅ライターという稼ぎ方がいいのではないか?ということを書きました。

>>>この記事ですね。

 

更に、初心者向けの記事の作成に関する「案件の選び方」も書きましたが、(>>この記事ですね<<)色々確認してみた所、追記した方がいいこともありましたので、書いていきます。

 

以前の記事では・・・

  • 初心者OKと書かれた案件
  • 文字数の少ない案件
  • 書き方マニュアルがある案件

 

ということを書いていたと思います。

 

ですが、それに加えて・・・

  • 1文字あたりの単価が安すぎない案件
  • 必要記事数が少なく、納期に余裕がある案件

 

この2つも必要だと感じました。

 

まず、「1文字あたりの単価が安すぎない案件」というのは言葉通りです。

例えば、1記事1000文字以上で200円だと、1文字あたりの単価が0.2円以下ということになりますよね?これはかなり安い部類になります。

いくら初心者歓迎だからといっても、単価0.2円は安すぎます。

 

特に初心者だと、記事を書くのに時間がかかりますので、1000文字でも1時間以上かかってしまうことも多々あるでしょう。

そうなると、時給200円以下という、かなり悲しい結果になります。

 

初めて利用する等だと単価が高い案件は何だか悪いな・・・と思うかもしれませんが・・・

1文字あたりの単価が最低でも0.3円以上、出来れば0.5円以上のものを選んだほうが良いと思いますよ。(0.5円以上は、なかなかないですけどね)

 

 

もうひとつの、「必要記事数が少なく、納期の余裕がある案件」というのは、一度に納品する記事数が少ない案件、納期の余裕がある案件を選んだほうがいい、ということです。

たま~に、「50記事を1ヶ月以内に納品してください」みたいなものがあります。

こういうものの場合、副業で実践している人や初心者だとかなり厳しいです。

 

なぜなら、ジャンルや文字数にもよりますが、1ヶ月に50記事ってなかなか書けるものではないからです。

特に時間の融通がききにくい副業で実践している人や、まだ書き方がよく分かっていない初心者の方だとかなりまずいです。途中で挫折する可能性がかなり高くなるでしょう。

 

同じ感じで、「10記事を3日以内に納品してください」みたいに書かれているのも厳しいですね。この場合は納期が短すぎて、時間が取れない可能性があります。

 

ですので、何記事からOKか、納期はどれぐらいなのか、ということは募集要項をしっかり読んでチェックしてください。そして自分でも十分にできそうな記事数、納期のものを選ぶようにしましょう。

いくら1文字あたりの単価が高くても、一度に納入しないとお金を払わない、みたいな案件もありますからね。十分注意してください。

 

そうそう、ライターで月5万円稼ぐためのノウハウがぎっしり詰まった動画を初月無料で見ることのできるサービスがあるみたいですので、紹介します。

>>>ここから概要を確認してください。

 

更に今なら、ライターで月10万円稼ぐための方法なんかも学べます。もちろん、同じサイトですので一度登録してしまえばどちらもチェックできますよ。

>>>ここからチェックしてみてください。

 

かなり濃い学びを得ることが出来るので、在宅ライターの仕事がはかどりますよ。もちろん、それ以外の動画も見放題ですので、あなたの生涯年収アップ間違いなし!です。

>>>もう少しいろいろ知りたい方は、この記事を参考にしてみてくださいね。

※ 価格など、気になることについていろいろ書いています。

ガッツリ稼ぐための情報を無料プレゼント!

>> アフィリエイトで稼ぐための情報はコチラ
私が何不自由なく暮らしていけるのは、この情報のおかげです。

コメントは受け付けていません。