実名でネットビジネスで副業するときのリスクは?

ネットビジネスで副業をするときの魅力の1つに、実名を出さなくてもOK(匿名でも稼げる)という特徴があります。

例えば、ブログ・サイトアフィリエイトとかで実名を出している人は少ないですし、youtubeで動画を投稿している人も、実名を出している人は少ないと思います。

>>このノウハウ<<に代表される転売なんかも名前を出す必要はありません。

 

その一方で、メルマガアフィリエイトやPPCアフィリエイト、情報コンテンツの販売等においては、実名や会社名等を表示させる必要があります。

つまり、ほぼ実名じゃないと実践できないわけですね。

そういう意味では敷居が高いといわれていますけど、実際、実名が必要なこれらのネットビジネスのほうが大きく稼げる、とも言われています。

そこで、今回はネットビジネスを実名で行うときのリスクについて書いていきます。

 

会社バレのリスクについて

 

副業でネットビジネスを行うときに一番気になる点としては、会社ばれのリスクではないでしょうか?

基本的にまだまだ副業禁止の会社が多いですし、あまり知られてほしくないと思うのも分かります。私もそういう意味から、本名が必要なネットビジネスは避けてきましたから。

では、本名でネットビジネスを行う場合、会社バレはどれぐらいの確率で発生するのかということですけど…正直、そこまで高い確率ではありません。

 

少なくとも、メールマガジンを発行したり、PPCアフィリエイトの特定商取引に基づく表記ぐらいでは、ばれることはほとんどないでしょう。

理由は、ローマ字表記にしたり、画像処理等を行うことで、ある程度対策が出来ますし、よほどスパム的なやり方をしていない限りは、わざわざそんなところまで見る人は少ないからです。

 

ただし、情報コンテンツの販売等は、ばれる可能性があります。

理由は、情報商材アフィリエイトの1つの手法に、他の情報商材を批判しまくるという方法があるからです。

このとき、ほぼ確実に、特定商取引法に基づく表記に書かれている情報をブログやサイトに書かれます。「詐欺」とか「稼げない」という言葉と一緒に。

で、本名をブログやサイトに書かれてしまうと…googleやyahooで名前を検索した時に、「本名 詐欺」みたいな感じででてきてしまうわけですね。

だから情報コンテンツの販売に関してだけは、注意する必要があるでしょう。

 

それ以外の場合で、まっとうな商売をするのであれば、会社バレのリスクはほとんどありませんし、あったとしても、そのときは、その業界でかなりの有名人になっていて、すでに大きく稼いでいるでしょう。

そのときにはもう会社に行かなくても生きていける程度の金額は稼げていると思いますよ。だから潔く会社を辞めてしまうという選択肢も取れるでしょう。

 

むしろ、会社バレはあなた自身がポロッと飲み会等で暴露してしまって広がっていく…みたいな、噂の伝染によるものや、確定申告での住民税の不備等でばれる可能性のほうが高いです。

どちらかというとそちらの方に気をつけた方がいいと言えるでしょう。

 

ちょっと長くなったので次回に続きます。

>>>実名でネットビジネスをする際のリスク、追加しました。

スキルアップや副業のことをまとめて学びたい人必見!

今なら初月無料で習得可能!
あなたの人生に役に立つ、色々な情報をまとめて学べる、超お得な動画配信コンテンツです。

コメントは受け付けていません。