amazonのキンドル出版は稼げるのか?

最近出てきた副業スタイルの1つに、アマゾンでキンドル出版する、というものがあります。

これは書いて字のごとく、電子書籍を作ってamazonで著者デビューして印税で稼ぐ、というやり方です。ではこの方法で稼ぐことは出来るのか、ということについて書いていきます。

 

報酬の仕組み

 

まず、収入がどれぐらい入るのか、ということについて書きますね。

キンドル出版では、収入が入るパターンが2つあります。

1つは、本が売れた時。

これは設定によって、価格の35%もしくは70%が著者であるあなたの取り分になります。(基本は35%で70%にするには一定の条件があります)

もう1つは、読んでもらえたページ数に応じた分配金です。どれぐらいの金額になるかはその時々で変動します。

ただし、70%の報酬や、読んでもらえたページ数に応じた分配金は、「KDPセレクト」というものに登録する必要があります。「KDPセレクト」に登録することで、「Kindle Unlimited」という、読み放題のサービスで読まれるようになるので、購入してもらえる数は減りますけど、読んでもらえる可能性が一気に高くなります。

ですので、基本的には「KDPセレクト」に登録したほうが稼げるでしょう。

 

匿名性が高く、副業として優秀

 

そして地味にうれしいのは完全に匿名でも稼げるということですね。

具体的に書くと、ペンネームを1アカウントにつき3つまで設定できるのです。(著者セントラルと呼ばれるサービスの話です)

ですので、実名を出す必要がなく、副業で稼ぐにももってこいの環境と言えるでしょう。

 

どれぐらい稼げるのか?

 

で、実は私、先日から本を出版して確認しています。

ちなみにジャンルはお金稼ぎ系ではなく、全く違うジャンルになります。もし気になる方は探してみてください。

本のカバーとか、めちゃめちゃしょぼい感じの本なのに、意外と読まれています。本自体は売れていませんが、読まれているページ数は増えているので、「Kindle Unlimited」の読み放題で読まれているのでしょう。

とはいっても、大体1日40~50ページほどですけどね。これがどの程度のお金になるのかはちょっと分かりませんけど、本が売れないのに読まれたページ数に応じて分配金がもらえるということで、結構楽しみです。

 

 

ということで、結論を出すのはまだ早いですけど、本を出したらとりあえず多少はお金になります、という感じですね。今のところは。キンドル出版、意外とありかも知れませんよ。

当サイト一押しの初心者OK、即金系ネットビジネスとは!?

実践すればほぼ100%、大きく稼げる夢のようなノウハウです。
ネットビジネスなのに即金で稼げて、副業なのに月100万円以上稼いだ人も!?とっておきの極秘情報です。

コメントは受け付けていません。